美容外科クリニックで美しさに磨きをかける|口コミで人気のプチ整形

女の人

美を目的とした外科治療

鏡を見るレディー

美が目的なので保険適用外

美容外科は美容整形や整形美容などとも呼ばれることがありますが、どれも同じで容姿や容貌を美しくするために手術を行うのが目的です。この他にまぎらわしいのが、整形外科や形成外科です。整形外科というのは、骨や関節や筋肉、靱帯や脊髄などのように運動に関わる器官の機能障害やケガなどを治療するのが目的です。形成外科というのはヤケドや傷跡などの治療をするのが目的で、皮膚移植をしたりケロイドや顔面骨折などを修復する治療を行います。美容外科クリニックはれっきとした医療機関で、外科治療の一分野になります。個別のクリニックもありますが、大学病院の診療科として設置しているところもあります。美容外科で治療を受けるメリットは容姿や容貌を美しくできる点ですが、その他に長年のコンプレックスを解消できるという心理的な側面があります。例えば一重まぶたがコンプレックスになっている女性が、二重にするだけで生き方を前向きに変えることができたりします。美容外科にはこのような心理的な要素にも大きな影響を与える効果があります。美容外科は疾患を治療する医療とは違って美容を目的としているので、多くのケースで保険は適用されないのです。そのため全額自己負担となります。ただしヤケドなどの治療の一貫として美容外科を受診する場合は、治療目的となるので保険が適用されます。美容外科というとテレビドラマのような大袈裟な整形手術がイメージされますが、最近はプチ整形といってメスを使わずに短時間低料金で気軽に施術できる方法もあります。

受け身より主体的が大事

初めて美容外科の治療を受ける時には、あらかじめ心構えをしっかりと持つことが大事です。気持ちの持ち方を工夫するだけで、よい治療結果を得ることができます。そのためには決して受け身の患者にならないことが大事です。受け身というのは主体性がなく、医師任せにしてしまうことです。今よりも美しくなるために手術をするのですから、自分なりの美しさのイメージをしっかりと持っている必要があります。その点がぶれてしまうと、治療する医師の側でも迷いが生じてしまいます。主体性を自分で発揮するのが苦手な人は、タレントや女優の写真や雑誌の切り抜きなどを持参するといった工夫が必要です。イメージを具体的に提示できるので、医師の方でもイメージを把握しやすくなります。また自分が抱く美しさのイメージを明確にするには、自分の顔や体型の不満点をしっかりと伝えることも必要です。不満があるからこそ、そこを改善したいと思うのです。ですから自分のどこがどのように不満なのかを、カウンセリングの時に明確に伝えることが大事です。そのためには自分で不満点を確認し、ノートに記入するなどの工夫が効果的です。カウンセリングの時にノートを見ながら説明できますし、医師に見せることができます。自分自身の準備ができたら、次は美容外科クリニックや病院を見つける工夫をします。最も簡単なのがネットの口コミや体験談、美容外科クリニックのランキングなどを参考にすることです。実際に体験している人の意見なので参考になります。

Copyright© 2015 美容外科クリニックで美しさに磨きをかける|口コミで人気のプチ整形 All Rights Reserved.