美容外科クリニックで美しさに磨きをかける|口コミで人気のプチ整形

女の人

サーマクールの豆知識

フェイス

人気のたるみ治療

メスを使わないたるみ治療として美容外科で大人気なのが「サーマクール」です。サーマクールはアメリカ生まれの高周波リフトアップマシンです。表皮を傷つけずに真皮層に働きかけ、たるみを引き締める効果があります。サーマクールのエネルギーである高周波(ラジオ波)は、真皮層のコラーゲンを熱で縮める働きがあります。熱でダメージを受けた真皮層は、再生するために大量にコラーゲンを産生します。この、コラーゲンの収縮と産生のダブルの効果でリフトアップするのが、サーマクールの大きな特徴です。たるみをリフトアップするだけではなく、毛穴の開きの引き締め、ニキビ跡の改善、肌質改善などの効果もあります。サーマクールをした直後は、熱で肌の内部が引き締まり、肌にハリが出ます。そして半年くらいかけて肌が再生され、リフトアップしていきます。縦、横、奥と3次元で引き締める効果があるので、高い若返り効果があります。また、今までのサーマクールは痛いのが欠点でしたが、最新のサーマクールCPTはバイブレーション機能が搭載され、痛みを拡散できるシステムに改良されています。サーマクールCPTの料金は美容外科ごとにかなり上下します。目安としては、一回400ショットで15万円〜25万円、一回600ショットで20万円〜30万円程です。リフトアップ効果は施術後3か月〜6か月がピークで、あとは緩やかに元に戻っていきます。なるべく6か月〜1年に一回施術を受ければ、リフトアップ効果が長く続くようになります。

施術の流れ

美容外科クリニックで人気のサーマクールですが、施術をするなら基本的な流れを知っておくと便利です。まず美容外科に行って医師のカウンセリングを受けます。この時にサーマクールについて詳しい説明を聞くことができます。サーマクールは誰でもできるわけではなく、中にはしたくても出来ない人もいます。サーマクールができないのは、ひどい日焼けをしている人、妊娠中や授乳中の人、ペースメーカーを付けている人、金の糸リフトアップをしている人、金属プレートが入っている人などです。施術をすると決まったら、サーマクールの準備に入ります。サーマクールをするときの流れですが、まずはクレンジングや洗顔をして肌を清潔にしておきます。ピアスやネックレス、時計などの貴金属はあらかじめ外しておきます。そして顔にマーキングをします。マーキングはマス目がついた照射ガイドで、シールのように顔に貼ってつけるタイプが主流です。照射プランに沿ってマーキングをすることで、照射をするポイントや照射の出力レベルがわかりやすく、効果的にリフトアップできます。マーキングをしたら専用のジェルを塗ります。そしてマーキングのマス目に沿ってサーマクールを照射します。施術中は特に痛みはなく、顔の中がほんのりと温かくなる程度です。約30分〜40分ほどで施術が終わり、その後洗顔をしてジェルを落とします。顔が熱くなっている場合はしばらく保冷剤でクールダウンしてほてりを取り、その後日焼け止めを塗り、メイクをして完了です。

Copyright© 2015 美容外科クリニックで美しさに磨きをかける|口コミで人気のプチ整形 All Rights Reserved.